子供のわきがにボトックス注射は有効?

子供のわきがにボトックス注射は有効?

子供のわきがで悩んでいませんか

子供にもわきががあることをご存知でしょうか。成人した大人がなるものと思っている人が多いようですが、実は小学校高学年から中学生ぐらいの段階でニオイに悩まされている子供も多いのです。しかし、子供のわきがは自覚症状がない場合が多く、多くの親御さんはそれを伝えられずに悩んでいます。子供に対して直接「わきがなんじゃないの?」と伝えるのは、子供の心を深く傷つける結果になってしまうこともあります。しかし、そのまま放置していると、クラスメイトからニオイについて言及される日も遠くないのではないでしょうか。子供たちはまだ精神的に未発達の為、ストレートな物言いをしてしまいがちですし、ニオイに対して敏感な時期でもありますので、それが原因でいじめに発展してしまう可能性は否定できません。

その為、親がフォローしてあげなくてはいけない時期とも言えるでしょう。わきがの原因は、わきの下にあるアポクリン汗腺から出る汗が皮脂や雑菌が合わさることで、独特のニオイを発生させてしまい、エクリン腺と呼ばれる汗腺から出る気化しやすい汗によって拡散されてしまうことを言います。その為、汗をなるべくかかないように抑えることで軽減することができるのです。子供に治療を勧める前に、汗に対してのケアを勧めることがまず最初にできる処置と言えるでしょう。ニオイに対してケアをすることがエチケットなのだということを伝え、制汗剤やデオドラントクリームなどを使用し、汗を抑えることから始めましょう。

また、衣服などを洗濯する際に、消臭効果がある洗剤を使用したり、着る前に消臭スプレーをしてあげるだけでも違うでしょう。また、子供自体が自覚がある場合には、わきがについて詳しく説明し、病気ではないことをしっかり伝えるようにしてください。子供は小さければ小さいだけ、人と違うということにとても敏感です。自分だけということに対して悩むことが多いので、珍しいことではないことをしっかり伝えましょう。間違っても、傷つけるような発言だけは避けて下さい。子供は些細なことでも落ち込んでしまうものですし、その立ち直り方を知らない子が多いのです。できるだけ、子供の心の寄り添ってあげることが大切でしょう。

治療法に対しても、すぐに手術と促すのではなく、まずは汗のケア、ニオイのケアについて教えてあげるようにしてください。今は、子供から使用することができるデオドラントクリームも多く発売していますし、こまめに塗っているとわきがの独特なニオイまで軽減することがわかっています。根本的な治療は大人になってからでも十分可能ですから、焦らずに今できることを教え、対処していきましょう。女の子の場合、思春期になるとわき毛の処理をするようになると思いますが、間違った処理の仕方をしているとわきがを悪化させてしまうこともありますので、ムダ毛の処理の仕方もしっかり教える必要があるでしょう。男の子に対しては、清潔を心掛けさせることも大切です。どんなケアをしていてもやはり不安という親御さんは、一度クリニックに連れていき相談するのも良いかもしれません。

 

子供のわきがにボトックス注射はできるの?

多汗症などの治療によく用いられるボトックス注射ですが、わきがの治療にも効果があることがわかっています。これは、ボトックス注射に含まれているボツリヌス菌が神経の動きを抑えてくれる為、汗をかきにくくしてくれます。その結果、ニオイを軽減してくれるのです。わきがの原因であるアポクリン腺から出される汗と皮膚の表面にある雑菌が触れ合うことでニオイを発生させてしまいますが、汗を抑える働きをしてくれることで軽減されることがわかっています。治療としては、アポクリン汗腺を切除する手術が一般的ですが、子供の場合は一度切除をしてもまた成長してしまう可能性がある為、手術をするのが望ましいのかをしっかりと考える必要があるでしょう。

クリニックによっては、一度の切除で問題なくその後も過ごせるという場合もありますが、実際は繰り返すことが多いようです。子供の体にメスを入れるということは、子供の心にも体にも傷をつけてしまいます。手術の結果が以後良好な場合は良いですが、そうじゃなければやはり辛いものとなってしまうでしょう。手術以外の治療法として、ボトックス注射が有効とされています。これはその名の通り注射で改善させることができるので、体にメスを入れる必要もありません。脇に1本ずつ接種するだけで済むので手軽にできる治療と言えるでしょう。しかし、この治療にはデメリットがあり、効果時間が約半年〜1年程度と言われています。

効果が切れてしまえば、またニオイを発生させてしまう為、根本的な問題は何も解決していないことになるでしょう。一時的でもニオイに悩まされることがない時間は子供にとっても親御さんにとっても有意義なものではないでしょうか。また副作用としては、一日二日程度痺れを感じることがあるかもしれませんが、一時的なものですので心配はないでしょう。ただし、薬剤を使用していることに変わりはないので、アレルギー反応が起きてしまうことも否めません。治療をする前にまずはしっかりとカウンセリングを受けるようにしてください。ボトックス注射の場合、ほとんどが保険適応外が多いのですが、重度の多汗症などに対しては保険が適応されることがあります。

まずは子供の治療に対して保険が適応されるのかどうかをしっかりと確認することも大切です。保険が適応されない場合は、100000円〜150000円程度かかることがわかっていますので、保険が適応しているクリニックを探すことも必要です。子供が治療を望んでいる場合は、どのような効果があり、どれぐらい持続するのかをしっかりと説明しておきましょう。また親御さん側から勧める場合も、無理矢理連れて行くのではなく、子供にとってこの治療がどうして必要なのかを納得するまで話し合うことが必要です。手術ではないから気軽に受けられると思っているかもしれませんが、わきの下に接種するのを怖がる子供は多くいる為、受ける前には話し合いをしっかりしておくことが大切です。もし子供が接種を拒むようなら無理強いはしないようにしてください。